【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇縮小手術を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 副皮切除術

副皮切除術

小陰唇と大陰唇のあいだにある「副皮」ですが、そもそも副皮がない方や片側だけにある方、何重かになっている方など、個人差があります。こちらでは副皮切除術について治療が必要なケースや治療の流れを紹介します。

小陰唇縮小と同時に行われることが多い「副皮切除術」

副皮はデリケートゾーンの前のほう、小陰唇と大陰唇のあいだにあります。小陰唇の肥大が気になる場合は、副皮も肥大しているケースが多いので、小陰唇縮小手術と同時に治療が行われることがほとんどです。

また、小陰唇縮小を受ける前には目立たなかった副皮が、治療後に目立つようになってしまった…というケースもあるそう。小陰唇縮小を考える際は、同時に副皮切除もしたほうがいいか、医師と相談して決めるとよいでしょう。

そもそも副皮とは

副皮とは小陰唇と大陰唇のあいだにあるヒダ状の皮膚のこと。基本的には副皮がない女性がほとんどですが、個人差があり、片側だけ副皮があったり二重、三重に副皮があったりとさまざまです。副皮は小陰唇やクリトリス包皮とつながっているため、小陰唇肥大やクリトリス包茎に悩んでいる女性は、副皮が気になるケースが多いようです。

副皮切除術が必要なケースとは

副皮があることで、健康になんらかの影響が出る…ということはありません。気にならない場合は、治療の必要がないのです。

しかし、ヒダのあいだに汚れや垢がたまりやすく、気になる臭いの原因になることも。お風呂でデリケートゾーンを洗う際は、たっぷりの泡で丁寧に洗うよう心がけてくださいね。

臭いや衛生面のほか、副皮があることで見た目がコンプレックスになっていたり、左右差が気になる場合は副皮切除術を検討してみてもよいでしょう。

副皮切除術の流れ

カウンセリング

まずは、医師やカウンセラーとのカウンセリングを行います。悩みを相談したり、治療の費用やメリット・デメリットなどを確認したりして、治療を受けると決めたら手術の日時を予約。当日中に施術を行えるケースもあります。

手術(切開→縫合)

消毒・局所麻酔を行い、麻酔が効いたのを確認してから余分な副皮を切除します。同時に小陰唇縮小を行う場合は、左右のバランスを見ながら丁寧に切開。その後、医療用の糸を使って縫合を行います。

術後

所要時間は20~30分程度。入院の必要なく、術後はそのまま帰宅できます。抜糸が必要場合は3日~1週間後に再受診して経過検診と抜糸を行います。

副皮切除術の副作用・注意点

手術当日や1~2日後は傷が痛むケースがありますが、日常生活に支障が出るほどではありません。心配な方はクリニックで痛み止めを処方してもらうか、市販の痛み止めを準備しておくとよいでしょう。腫れや少量の出血がみられることもありますが、だいたい3日ほどではおさまります。

シャワーは当日から可能ですが、強く洗いすぎないように注意しましょう。性交渉や運動、入浴はだいたい2週間後から可能となります。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

   

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
小陰唇縮小(切開) 25万円
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
小陰唇縮小(切開) 28万円
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する