女性医師が対応!東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇縮小手術を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 小陰唇縮小手術の流れって?

小陰唇縮小手術の流れって?

女性器形成手術に不安を感じている方のために、手術の一般的な流れやかかる時間などを解説しているページです。

小陰唇縮小手術を安心して受けるために

女性器に関する悩みを人に打ち明けられず、1人で思い悩んでいる方も多いと思います。

小陰唇縮小手術は、そんな悩みを解決する一番の方法です。手術を受けた結果、コンプレックスから解放されたという女性も多く存在します。

小陰唇に悩みを抱える方が、安心して一歩を踏み出していただけるよう手術の流れを紹介したいと思います。

小陰唇縮小手術の手順

手術の流れ1/デザイン決め

小陰唇の手術を受けることを決めたら、小陰唇の仕上がりのイメージを医師に伝えます。何センチ切除するのか、どんなふうになりたいのかを具体的に決めておきましょう。

診察を受けるのに抵抗があるかもしれませんが、手術直前はどうしても緊張してしまうもの。手術前までにカウンセリングで自分の要望やデザインを医師にきちんと伝えて確認しておけば安心ですし、当日の手術がスムーズに進みます。

手術の流れ2/手術部位の確認

カウンセリングで決めたデザインを元にして、手術部位にマークをつけます。手術部位を確認しやすいように、剃毛を行なうことも。さらに消毒をして、麻酔の準備をします。

手術の流れ3/麻酔

手術を受ける前に、手術部位である小陰唇に注射で麻酔を行ないます。多くのクリニックでは、局部麻酔だけで手術を行なうのがほとんど。希望する人は静脈麻酔や笑気麻酔をすることもあります。それぞれの違いは以下の通りです。

局部麻酔

体への負担が少なくて済むことから、もっとも推奨されているのが局部麻酔です。手術時間も30分程度と短いことから、局部麻酔だけで行なわれるのがほとんど。麻酔の注射時は、チクリとした痛みがあることもあります。

静脈麻酔・笑気麻酔

局部麻酔でも手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、触られている感覚があります。意識がある状態での手術に抵抗があるという人は、静脈麻酔や痛みに弱いという人は笑気麻酔という選択肢があります。

手術の流れ5/切除

麻酔が効いたら、肥大した小陰唇部分を切除していきます。手術方法によって、高周波メスで切除と止血を同時にする方法や、メスで切除してから縫合していく方法などさまざま。切除の仕方は医師によって異なります。手術の方法によって、術後の経過や仕上がりに違いがあるので、気になる方は直接医師に確認しましょう。

手術の流れ6/術後の処置

切除が終わったら、切除部位の縫合を行ないます。縫合時に使用する糸の種類によって、手術後、抜糸のための通院が必要かどうかという点に違いがあります。

手術の流れ7/縫合

縫合が終わると、手術部位に軟膏を塗りガーゼを当てて止血して手術は終了です。手術直後はガードルで患部を圧迫します。手術後はどうしても出血してしまうので、ナプキンを持参するように指示されるでしょう。また、痛み止めや抗生剤が処方されます。手術を受けた方の中には、あまり痛みがなかったので、飲まなかったという人も多いようです。

小陰唇縮小手術の所要時間

手術時間は30分程度と短時間。麻酔をかけて手術を行うため、痛みがなく「あっという間に終わってしまった」と感じる方がほとんどです。

局所麻酔の場合は、手術中に意識がありますが感覚はありません。

医師やスタッフが声をかけてくれるので、心に負担をかけることなく安心して臨めるはずです。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

女性医師が対応!
小陰唇縮小でおすすめの
クリニック3選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
女性医師がカウンセリングから対応!
実績豊富な日本初の女性器形成専門医院
女性患者専用 〇
カウンセリングから
施術まで医師が一貫対応
〇
施術メニュー数 2種類
費用
  • 250,000円(切開手術)
  • 350,000円(レーザー)
公式サイト
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
丁寧な施術が評判
女性患者専用 〇
カウンセリングから
施術まで医師が一貫対応
△
施術メニュー数 1種類
費用
  • 280,000円(切開手術)
公式サイト
銀座みゆき通り美容外科
銀座みゆき通り美容外科
痛みのない麻酔で不安を解消
プライバシーの配慮も徹底
女性患者専用 △
カウンセリングから
施術まで医師が一貫対応
〇
施術メニュー数 1種類
費用
  • 250,000円(切開手術)
公式サイト