【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇縮小手術を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 小陰唇手術にかかる時間は?日帰りでもできる?

小陰唇手術にかかる時間は?日帰りでもできる?

小陰唇縮小の手術時間や、カウンセリングから抜糸までの期間について解説。手術後の対応や、小陰唇縮小手術を受けた方の口コミについてもまとめています。

カウンセリング当日の手術は可能?

小陰唇縮小の手術は、カウンセリング当日に手術をすることが可能です。デリケートゾーンのお悩みなので「できるだけ手術までの期間を開けたくない」「何度も通院したくない」という方は多いもの。ほとんどのクリニックが、カウンセリング・手術・アフターフォローまでをその日で対応してくれます。

小陰唇縮小手術にかかる時間はどれくらい?

手術は肥大した部分の小陰唇を切除し、縫い合わせてから形を整えます。片側の小陰唇縮小手術は約30分~40分、両方を縮小させる場合は約1時間です。施術箇所の部分に行う局所麻酔が効いてから手術をするので、痛みはほとんど感じません。手術後1週間に抜糸が必要ですが、通院が難しい人には、自然に溶ける糸を希望することもできます。

小陰唇縮小手術後は日帰りでできる?入院は?

基本的に小陰唇縮小の手術後は入院の必要はありません。ただし傷口に負担を与えないように安静に過ごすようにしましょう。翌日からはシャワーを浴びることができ、入浴は1週間後から行えます。手術から1週間ほどは出血することがあるので、生理用のナプキンを使用すること。傷が完全に治るまでは、性交渉やスポーツを控えてください。

生理前後は避けた方がいい?

小陰唇縮小手術を受ける日の直前に生理が来たからといって大きな問題にはなりません。しかし、手術当日は清潔さを保って手術を行わなければならないため、周到な準備が必要です。生理中や生理が近い日で行うと、術後の出血と生理の出血の区別がつきにくくなることが考えられます。手術の日を決めるうえで一番理想的なのが生理予定日の10~7日前。その期間に手術ができれば十分に手術後のケアができます。

基本的には、手術日に生理が来ても、日をずらすことはありません。しかし、生理周期のコントロールはなかなか難しいもの。生理がいつ来るのかわからない場合は医師と十分な相談を重ねたうえで適切な手術日を決めましょう。

小陰唇縮小手術は夏を避けた方がいい?

小陰唇縮小手術を受けるのに適切な季節はなく、いつでも受けられます。デリケートゾーンは夏になると蒸れるため、衛生上の理由から避けたほうが良いのではないかと考える方も多いことでしょう。ですが小陰唇の手術についてはそこまでナイーブに考える必要はないのです。

小陰唇は粘膜でできています。しかも血行が良いところなので蒸れて化膿することがほとんどありません。そのため、夏に手術をしても、ほかの季節でも問題がないのです。小陰唇縮小手術を受けたい方は、季節に関係なく自身の休みや手術後の予定に合わせて手術日を検討しましょう。

小陰唇縮小手術後の通院や入院に関する口コミ

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

   

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
小陰唇縮小(切開) 25万円
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
小陰唇縮小(切開) 28万円
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する