【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 渋谷で小陰唇縮小(婦人科形成)が受けられるクリニック

渋谷で小陰唇縮小(婦人科形成)が受けられるクリニック

「若者の街」として世界的にも有名な渋谷エリア。スクランブル交差点に代表される渋谷の街の様子をみると、いつも非常に多くの人が行き交っている、活気のある街です。流行の発信地としての面がある一方、さまざまなミュージアムなどが集まる、芸術の街という側面も持っています。

この記事では、渋谷エリアで小陰唇縮小(婦人科形成)が受けられるクリニックをまとめています。女性器のお悩みとして多く挙げられるお悩みではあるものの、デリケートな部分であるだけに人にはなかなか相談しにくいのが実情。そこで、クリニック選びの参考として、ぜひこのページの情報を活用してみてはいかがでしょうか。きっと自分に合うクリニックが見つかるはずです。

東京で小陰唇縮小が受けられるおすすめクリニックはこちら>>

東京イセアクリニック・渋谷

患者ひとりひとりに合った治療をモットーとしているクリニック。小陰唇縮小の手術は女性医師が担当してくれるため、安心してデリケートゾーンの悩みについて話をすることができます。女性医師ならではの的確なアドバイスをくれるのも心強いといえるでしょう。また、手術の際には麻酔の痛みを最小限に抑えるために、細い麻酔針を使用しているため、痛みが心配な人でも比較的に楽に手術に臨めるはずです。手術は1時間程度で終了し、その日のうちに帰宅可能です。

東京イセアクリニック・渋谷の医師紹介

大山 希里子医師

東京イセアクリニック渋谷院の院長として、さまざまな施術の執刀も担当する大山医師。日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本抗加齢医学会などの学会に所属されています。皮膚科医・美容皮膚科医として、幅広い知識を持っている点が魅力の医師です。

なかでも専門的な領域は、肌のたるみを解消する治療・スキンケアのアドバイスとのこと。治療のビフォーアフターは、大山医師の公式Instagramで確認できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

東京イセアクリニック・渋谷について詳しく

みどり美容クリニック・広尾

日本で初めて女性器形成を専門とするクリニックとして開院したみどり美容クリニック・広尾。院長はこれまでに3,000件以上の女性器形成の施術に携わってきた、経験豊富なドクターです。同院は女性限定のクリニックということもあり、男性とクリニック内で顔をあわせることもありません。みどり美容クリニック・広尾で小陰唇縮小術を受ける場合、切開手術とレーザーによる治療の2種類から選ぶことが可能。切開した後は丁寧に縫合するため、傷跡もあまり目立たず安心です。

みどり美容クリニック・広尾の医師紹介

満行 みどり医師

2010年、全国的にも女性器治療が一般的ではない時代から女性の身体の悩みに特化した「みどり美容クリニック・広尾」のを開業された満行みどり医師。現在でも、美容婦人科や婦人科形成の知識を常にアップデートし続けるべく、さまざまな学会に参加されています。

豊富な婦人科形成の治療法を取り揃えており、女性の悩みに寄り添って。ベストな治療法を提案してくれる医師です。さらに、自信の知識や技術を活かし、医師向けセミナーの開催や技術トレーニングの実施といった活動も行っています。

みどり美容クリニック・広尾について詳しく

共立美容外科

プライバシーに徹底的に配慮していることから、ほかの患者と顔を合わせずに通院ができる共立美容外科。カウンセリング中もほかの人に内容を聞かれることもないため、しっかりと自分のデリケートゾーンに関する悩みについて話をすることが可能です。同院で小陰唇縮小の手術を行う際には、高周波メスにより余分な部分を切除し、吸収される糸で縫い縮めていきます。抜糸の必要がないため、何度も通わずに済むというのが嬉しいポイントです。

共立美容外科の医師紹介

望月 香奈医師

女性特有の婦人科形成は、できれば女性医師に担当してもらいたいもの。共立美容外科では主に望月 香奈医師が婦人科形成の治療・カウンセリングを担当してくれます。

博士号を取得している望月医師は、東京女子大学医学部を卒業後、東京女子医科大学病院や東京大学病院、さらには帝京大学病院など、共立美容外科へ入植するまでに多くの大学病院で勤務されています。これまで培ってきた知識や技術があり、異性には相談しにくいデリケートな悩みも相談しやすいドクターです。

共立美容外科について詳しく

ヤグビューティーヴィーナス

同クリニックでは、「サーミバー(サーミVa)」による小陰唇縮小術を行っています。高周波を小陰唇に当てて内部の細胞を刺激し、コラーゲン生成を促進することによって小陰唇が引き締まるという流れになります。多少暖かさは感じるものの、痛みはほとんど感じないため施術に関する不安を感じている人も安心です。体への負担もほとんどないため、治療が終了した直後から普段通りの生活を送ることができる点もメリットといえるでしょう。

ヤグビューティーヴィーナスの医師紹介

髙麗 惠理医師

「美容デザイナー」の肩書きを持つ髙麗院長は、ヤグビューティーヴィーナスの系列の中では唯一の女性院長です。

川崎医科大学医学部を卒業後、川崎医科大学付属病院で研修を実施。その後は大手美容クリニックで経験を積んでおり、ヤグビューティーヴィーナスの同系列のクリニックである「PICO BEAUTY CLINIC」では院長を務めた経験も。ヤグビューティーヴィーナス系列の中では若い院長ながら、輝かしい実績を持つ医師です。

ヤグビューティーヴィーナスについて詳しく

渋谷の森クリニック

渋谷の森クリニックの院長は、15年に渡り大学病院で経験を積んできたドクター。「要らない治療はせず、患者に必要な治療のみを行う」をモットーに、日々足を運ぶ患者に寄り添った治療を行っています。また、小陰唇縮小手術を行う際には、女性医師を指名することもできますので、希望する場合には初回カウンセリング予約の際にその旨伝えておきましょう。同クリニックは完全予約制となっており、初回カウンセリングは無料。じっくりと相談を受けてもらえます。

渋谷の森クリニックの医師紹介

森 克哉医師

渋谷の森クリニックの院長を務め、博士号を取得している森 克哉医師。美容外科だけでなく、さまざまな領域での経験を持つ点が魅力の医師です。

東京慈恵会医科大学を卒業後、東京慈恵会医科大学付属病院で研修を行い、形成外科の専門取得コースを受け知識を深めています。その経験をもとに東京慈恵会医科大学形成外科科学講座の助教や聖マリアンナ医科大学救急医学の助教を務めているほか、形成外科医のキャリアとしては珍しい救急センターでの実績を有しています。

渋谷の森クリニックについて詳しく

リッツ美容外科・東京院

「世界最高水準」の治療を開院以来提供しているクリニック。同クリニックには、形成外科医として豊富な経験を積んでいるドクターが在籍しているため、安心して治療を受けられます。カウンセリングは女性カウンセラーが担当してくれるため、デリケートな部分に関する悩みもしっかりと話すことができるでしょう。また、小陰唇を切除しすぎて膣の粘膜が乾燥してしまうのを防げるよう、手術にあたっては、精密なデザインを決定してから切除を行っていきます。

リッツ美容外科・東京院の医師紹介

広比 利次医師

広比 利次医師は国立山梨医科大学の出身。卒業後は東京大学 形成外科科学教室へ入局し、形成外科や美容外科を専攻し知識を深めました。その後は東京近郊の病院で美容形成外科学を習得し、2000年にこのリッツ美容外科を開院されています。

さまざまな学会に所属し、論文の発表なども行っており、日本美容外科学会総会で発表した論文は、最高栄誉の日本美容外科医師会会長賞を受賞しています。

リッツ美容外科・東京院について詳しく

恵比寿ウエストヒルズクリニック

小陰唇縮小の手術を担当するのは、婦人科形成を専門とする女性ドクター。事前カウンセリングに力を入れており、理想のイメージと仕上がりに差が出ないように、しっかりと話し合います。また手術を行う際には、溶ける糸で中縫いを行った後に皮膚が食い込まないようにそっと面縫いをすることで自然な仕上がりになります。術後のアフターフォローについても女性医師が担当してくれるため、安心して日常生活を送ることができるでしょう。

恵比寿ウエストヒルズクリニックの医師紹介

西岡 弘記医師

西岡 弘記院長は、2011年に自身のクリニックとなる恵比寿ウエストヒルズクリニックを開業されました。東京慈恵会医科大学を卒業後、付属病院で勤務した後、東京厚生年金病院形成外科での経験を活かし東京慈恵会医科大学付属病院形成外科助教を務めています。

その後、東京慈恵会医科大学付属病院第3病院では形成外科指導医として診療副部長を兼任したり、銀座いけだクリニック顧問医師へ就任するなど、実績が認められている様子がその経歴からもうかがえます。

恵比寿ウエストヒルズクリニックについて詳しく

プラザ形成外科

ドクターがアメリカUCLAで学んだ方法を用いて、小陰唇縮小手術を行います。具体的には、陰部周囲の皮膚を薄い状態に整えてから仕上げるため、すっきりとした自然な印象になります。また、大きさを整えるだけではなく、色素沈着の除去などにも対応。患者からヒアリングしたさまざまな悩みに応じて、適した施術を提案してくれます。さらに、同院では麻酔科医が在籍している点も特徴。安心して治療を受けることが可能なクリニックといえます。

プラザ形成外科の医師紹介

クレカ ツヒロ・ロバート医師

クレ医師は日本国の医師免許に加え、アメリカの医師免許も取得されている医師です。アメリカ医師試験に一発合格後渡米し、一般外科や脳外科の臨床研修を修了後、難易度が高い形成外科レジデントに日本人として初めて採用された実績を持ちます。

神経病理や脳神経外科での経験という形成外科医では稀な経験や、ビバリーヒルズでの開業経験も有しており、華々しい経歴があります。

プラザ形成外科について詳しく

恵比寿みかレディースクリニック

恵比寿みかレディースクリニックでは、モナリザタッチと呼ばれる治療を提供しています。この治療は、炭酸ガスレーザーを照射することによって膣や外陰部の働きかけるもの。膣の粘膜と外陰部にある神経が細胞を活性化、また血流を促して潤いと厚みがある膣粘膜を生成することができます。陰部のかゆみや乾燥、尿もれなどに悩んでいる人におすすめの施術です。また、同院ではリラックスして施術を受けられるよう、くつろぎを感じられる空間となっています。

恵比寿みかレディースクリニックの医師紹介

田中 美香医師

日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本女性医学学会専門医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医などの資格を保持されており、女性の悩みに特化した知識が豊富な田中 美香医師。女性のドクターですから、女性ならではの悩みを相談しやすい言えるでしょう。

順天堂大学産婦人科学講座での経験や東京都保険医療公社での経験ももちあわせています。

恵比寿みかレディースクリニックについて詳しく

セレクトクリニック表参道

セレクトクリニックでは、小陰唇縮小術を含む全ての治療に関して、メリットだけではなくデメリットまで包み隠さず話してくれるため、さまざまな面を検討した上で治療を受けるかどうか決められますし、何より医師との信頼関係を築くことができます。また、手術を担当する医師は、大手の美容クリニックでの勤務経験の中で数多くの症例に携わってきました。医師のテクニックが仕上がりに大きく影響する小陰唇縮小術も安心しておまかせできます。

セレクトクリニック表参道の医師紹介

上原 義史医師

東京医科大学を卒業後、大手美容クリニックにて美容外科・美容皮膚科の実績を積んできた上原 義史医師。これまで10万人以上の施術を担当しており、症例経験が豊富な医師です。この実績を踏まえ某美容クリニックの副院長、院長として順調に経験を積んでいき、セレクトクリニックの院長に就任しています。

Instagramでさまざまな情報発信をしているのもポイント。興味ある治療法を確認したい場合、まず上原医師のInstagramからチェックしてみるのも良いでしょう。

セレクトクリニック表参道について詳しく

表参道スキンクリニック表参道院

ほかの人には話しにくい、と感じるデリケートゾーンのお悩みを相談しやすいように環境づくりを行っている表参道スキンクリニック。丁寧なカウンセリングを行っているため、自分が受ける治療がどのようなものなのかをしっかりと理解した上で施術を受けることができます。また、小陰唇縮小手術の他にも、さまざまな婦人科形成手術に対応。日本形成外科学会の認定医が在籍しているため、デリケートゾーンのあらゆる悩みに応えてくれます。

表参道スキンクリニック表参道院の医師紹介

松木 貴裕医師

藤田保健衛生大学医学部医学研究所科卒業後、東京女子医科大学病院皮膚科などで経験を積んだ松木院長は、東京美容外科を開設された医師でもあります。

2012年に表参道スキンクリニックを開設した後、女性が気軽に美容医療へ挑戦し、患者さんの理想や希望を大切にできるような治療を心掛けています。あくまでも大切なのは治療を受ける本人の希望ということを念頭に置き、親身に寄り添った治療が魅力の医師です。

表参道スキンクリニック表参道院について詳しく

加藤クリニック麻布東京院

加藤クリニック麻布東京院では、小陰唇縮小術を行う上では「ウェッジ切除法」で行っていきますので、自然な仕上がりになります。また、女性器の状態に応じて、クリトリス包茎の手術を一緒に行うことも。ただし、強引に治療を勧めるということはせず、患者が医師からの説明に納得した上で治療を行います。また、オンリーワンの治療を行うために患者の声にしっかりと耳を傾けたカウンセリングを行う点もどうクリニックの特徴といえるでしょう。

加藤クリニック麻布東京院の医師紹介

加藤 一実医師

日本医科大学を卒業した後、麻酔科ICUを経て美容形成外科を専門とした加藤医師。長きに渡り自身のクリニックを運営している医師です。ハワイの世界的に有名なロバートフラワークリニックにて経験を積み、有名セレブ紙から取材を受けるほど、多方面で実績が認められています

カウンセリングに十分な時間を掛け、最良の結果を出すために場合によっては治療を断ることもある、患者さん想いの医師です。

加藤クリニック麻布東京院について詳しく

メディアージュクリニック青山院

「おもてなしの心」を大切にしているクリニック。訪れる患者がリラックスし、日々の疲れやストレスを癒すことができるようにスタッフが出迎えてくれます。また、内側と外側からのエイジングマネジメントを重要としていることも特徴です。自己治癒力を生かした肌ケアに力を入れています。同院での小陰唇縮小術に関する詳細はHPには記載されていませんでしたので、治療を希望する場合には直接クリニックに問い合わせが必要となります。

メディアージュクリニック青山院の医師紹介

富島 隆裕医師

愛媛大学医学部卒業後、大阪大学脳神経外科医局へ入局し、博士課程を修了した実績を持つ富島医師。過去には他院の美容クリニックにて院長を任された経験もあるそう。日本脳外科学会認定専門医の資格の他に、美容外科や美容皮膚科を専門に実績を重ねており、幅広い領域に精通した医師と言えるでしょう。

美しくなるために重要なのはストレスコントロールだと考えており、日々のストレスと適度に向き合いながら美しくなるための方法を一緒に考えてくれます。

メディアージュクリニック青山院について詳しく

衣理クリニック表参道

衣理クリニック表参道では、「Dr.衣理式インティマレーザー」と呼ばれる施術を行っています。これは、デリケートゾーン専用として開発されたレーザーで、膣や尿道などに生じた緩みを引き締めることができます。そのため、尿もれや膣に痛みを感じる、炎症が起こっているなどの場合に改善が期待できます。施術にかかる時間は30分程度でダウンタイムはなし。どのような悩みを改善したいかによって施術する回数が変わるため、カウンセリング時に相談してみましょう。

衣理クリニック表参道の医師紹介

片桐 衣理医師

帝京大学医学部卒業後、東邦大学医学部付属病院で内科全般や循環器の医師として10年もの経験を積んだ片桐医師。その後都内の総合病院にて総合医療アンチエイジングセンター立ち上げを経験し、衣理クリニック表参道を開業されました。

エイジングケアを専門にしており、ヒアルロン酸注入特別認定などの珍しい資格も有しています。

衣理クリニック表参道について詳しく

アイリス美容外科

渋谷駅東口から徒歩5分。明治通り沿いにありながらオフィスビルの一角にあり、美容外科と分からないような佇まいのクリニックです。デリケートな悩みも、人目を気にせず相談できるでしょう。小陰唇縮小手術は30分程度の日帰り手術。術後すぐに帰宅できると人気です。

アイリス美容外科の小陰唇縮小について詳しく

ビスポーク

繊細なデザイン力を持つ形成外科出身の医師が、丁寧に施術してくれるクリニックです。長時間にわたり効果が持続するオプションの麻酔を使って、なるべく痛みのないよう配慮してくれるでしょう。人通りの多い表参道エリアにありながら、人目につかず通える場所に位置しています。

ビスポークの小陰唇縮小について詳しく

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

   

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
小陰唇縮小(切開) 25万円
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
小陰唇縮小(切開) 28万円
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する