【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇縮小手術を受ける前に知っておきたい基礎知識 » 副皮切除術

副皮切除術

  

小陰唇と大陰唇のあいだにある「副皮」ですが、そもそも副皮がない方や片側だけにある方、何重かになっている方など、個人差があります。こちらでは副皮切除術について治療が必要なケースや治療の流れを紹介します。

小陰唇縮小と同時に行われることが多い「副皮切除術」

副皮はデリケートゾーンの前のほう、小陰唇と大陰唇のあいだにあります。小陰唇の肥大が気になる場合は、副皮も肥大しているケースが多いので、小陰唇縮小手術と同時に治療が行われることがほとんどです。

また、小陰唇縮小を受ける前には目立たなかった副皮が、治療後に目立つようになってしまった…というケースもあるそう。小陰唇縮小を考える際は、同時に副皮切除もしたほうがいいか、医師と相談して決めるとよいでしょう。

そもそも副皮とは

副皮とは小陰唇と大陰唇のあいだにあるヒダ状の皮膚のこと。基本的には副皮がない女性がほとんどですが、個人差があり、片側だけ副皮があったり二重、三重に副皮があったりとさまざまです。副皮は小陰唇やクリトリス包皮とつながっているため、小陰唇肥大やクリトリス包茎に悩んでいる女性は、副皮が気になるケースが多いようです。

副皮切除術が必要なケースとは

副皮があることで、健康になんらかの影響が出る…ということはありません。気にならない場合は、治療の必要がないのです。

しかし、ヒダのあいだに汚れや垢がたまりやすく、気になる臭いの原因になることも。お風呂でデリケートゾーンを洗う際は、たっぷりの泡で丁寧に洗うよう心がけてくださいね。

臭いや衛生面のほか、副皮があることで見た目がコンプレックスになっていたり、左右差が気になる場合は副皮切除術を検討してみてもよいでしょう。

副皮切除術の流れ

カウンセリング

まずは、医師やカウンセラーとのカウンセリングを行います。悩みを相談したり、治療の費用やメリット・デメリットなどを確認したりして、治療を受けると決めたら手術の日時を予約。当日中に施術を行えるケースもあります。

手術(切開→縫合)

消毒・局所麻酔を行い、麻酔が効いたのを確認してから余分な副皮を切除します。同時に小陰唇縮小を行う場合は、左右のバランスを見ながら丁寧に切開。その後、医療用の糸を使って縫合を行います。

術後

所要時間は20~30分程度。入院の必要なく、術後はそのまま帰宅できます。抜糸が必要場合は3日~1週間後に再受診して経過検診と抜糸を行います。

副皮切除術の副作用・注意点

手術当日や1~2日後は傷が痛むケースがありますが、日常生活に支障が出るほどではありません。心配な方はクリニックで痛み止めを処方してもらうか、市販の痛み止めを準備しておくとよいでしょう。腫れや少量の出血がみられることもありますが、だいたい3日ほどではおさまります。

シャワーは当日から可能ですが、強く洗いすぎないように注意しましょう。性交渉や運動、入浴はだいたい2週間後から可能となります。

東京で副皮切除が受けられるクリニック

ここでは、都内で1500院以上の美容外科のなかで、女性器形成を専門に扱い、そのなかでも女性器形成を中心に10年以上実績のある医師が、無料メール相談やカウンセリング、施術、アフターフォローまで対応してくれる2院を取り上げて紹介しています。(2021年9月時点)

みどり美容クリニック・広尾

女性器専用のレーザーを使って切開するみどり美容クリニック・広尾の副皮切除は、一般的な切開による手術よりも術後の身体への負担が軽いのが特徴。アメリカで専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱える「DLVレーザー」を使って、経験豊富な女性医師が副皮をデザインしていきます。

DLVレーザーでは小陰唇の縮小やクリトリス包皮も一度に施術できるので、デリケートゾーンをトータルで整えたいとオーダーする方も多いとのこと。レーザーによる切除は繊細なデザインが可能なほか、腫れが少なく術後の回復が比較的早い傾向にあります。

みどり美容クリニック・広尾の副皮切除

カウンセリングで悩みや現状を確認してから診察します。手術の切除量を見極め、説明に納得できたら施術。カウンセリング当日に受けることも可能です。副皮切除の際、クリニックでは静脈麻酔をすすめています。眠ったような状態で痛みを感じずに受けられるでしょう。副皮切除の料金は15万。レーザーを使用した施術の場合は25万円です。

みどり美容クリニック・広尾
公式サイトで小陰唇の悩みを相談してみる

なおえビューティークリニック

「女性医師による女性の悩みを解消できるクリニックを作りたい」という喜田直江医師の想いから出来たなおえビューティークリニック。院長の喜田直江医師は婦人科形成10年以上の経験を持ち、これまで多くの女性の悩みの解決に尽力してきた医師です。

女性のためのクリニックというコンセプトの通り、対応スタッフは医師はもちろん看護師や受付もすべて女性。完全予約制でプライバシーへの配慮も徹底しており、デリケートな悩みの相談もしやすいクリニックづくりを行なっています。

なおえビューティークリニックの副皮切除

手術が必要かどうかを判断するため、はじめにカウンセリングを行ない治療方針を決めていきます。手術が必要な場合は、起こり得るリスクまでしっかりと説明してから手術に入ります。20~30分程度で完了し、術後はそのまま帰宅できます。副皮切除術では糸にこだわっており、術後に糸の刺激が肌へのストレスとならないように、やわらかく負担の少ない糸を使用します。副皮切除の費用の目安は片側11万円、両側で19万8千円です。

なおえビューティークリニック
公式サイトで小陰唇の悩みを相談してみる

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する