【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇のお悩み症状別に原因をリサーチ » 小陰唇にしこりができる原因とは?

小陰唇にしこりができる原因とは?

  

人に言えないデリケートゾーンの悩み、「小陰唇(ビラビラ)のしこり」について原因や治療について紹介します。

小陰唇(ビラビラ)にしこりができる原因とは?

外陰毛嚢炎

外陰部毛嚢炎とは、デリケートゾーンの毛穴の奥に生じる炎症の一種です。小さな傷口から原因となる細菌が入り込んで増殖することで、毛穴の部分に赤みが生じたり痛みを生じたりします。

外陰部のほかにも、毛穴がある場所であれば、体のどこにでも現れる可能性のある症状です。

原因

傷ついた毛包から黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの細菌が侵入し、毛穴の奥で繁殖することにより発症します。小陰唇の毛包が傷つく原因には、セルフで行うムダ毛処理など。まれに、クリニックなどで受ける脱毛処理も毛嚢炎の要因となる場合があります(※)。

また、長期間にわたって皮膚が湿っている場合や、ステロイドを塗った場合などにも外陰部毛嚢炎が現れることがあります。

※クリニックでは、脱毛処理後に毛嚢炎が起こらないよう適切なケアを行っています。

症状

毛穴の表面に赤みが生じ、軽いかゆみを感じたり、点々とした小さな盛り上がりが生じたりします。

症状が悪化して「せつ」と呼ばれる状態になると、患部には硬いしこりが生じ、強い痛み・熱感が生じます。さらに悪化して「よう」と呼ばれる状態になると、より強い痛み・熱感を覚え、体調不良を起こす場合もあります。

一般的な治療法

症状が軽度の場合には、特別な治療はいりません。患部を清潔に保つとともに、直接小陰唇に触れる下着も清潔に保つことで、症状が徐々に治まっていくでしょう。

なかなか症状が治まらない場合や、「せつ」や「よう」などのように症状が悪化した場合には、病院から処方される抗菌薬を使って症状の緩和を図ることになります。

バルトリン腺嚢胞・バルトリン炎・バルトリン腺膿瘍

性行為の際に膣を滑らかにするための液を分泌する組織がバルトリン腺。このバルトリン腺が詰まり、液がたまった状態をバルトリン腺嚢胞と言います。

バルトリン腺嚢胞を起こしたバルトリン腺が細菌感染を起こした状態がバルトリン炎、その症状が悪化した状態がバルトリン腺膿瘍です。

原因

バルトリン腺から液を分泌する開口部からブドウ球菌、淋菌、クラミジア・トラコマチス、バクテロイデスなどの細菌が侵入し、バルトリン腺で細菌が異常繁殖を起こしてバルトリン炎となります。

バルトリン炎を起こしている場合、開口部が詰まってバルトリン腺嚢胞を起こしていることが多いため、炎症を起こしたバルトリン腺の中には液がたまり続けます。たまった液の中でさらに細菌が繁殖すると、液は膿となりバルトリン腺膿瘍へと進行します。

症状

バルトリン炎が生じると、小陰唇の外側や大陰唇が赤く腫れて痛みや灼熱感を伴います。

症状が進行してバルトリン腺膿瘍になると、痛みや灼熱感はさらに強くなり、大陰唇はコブのように腫れ上がります。コブは、小さくてもウズラの卵大、大きければテニスボール大になることもあります。

バルトリン腺膿瘍を発症した場合、痛みで歩行が困難になることもあります。

一般的な治療法

バルトリン腺嚢胞の場合には、患部を清潔に保って経過観察します。

細菌が侵入してバルトリン炎に進行した場合には、原因となる細菌に効果のある抗生剤を服用して症状の鎮静化を図ります。

症状が悪化してバルトリン腺膿瘍まで進行している場合には、切開や穿刺で膿を除去する処置が必要となる場合もあります。

梅毒

梅毒とは、梅毒トレポネーマを原因菌とする性感染症です。戦前は不治の病とされていましたが、現代ではペニシリンでの治療が可能となりました。

近年、梅毒感染者の数が急増しています。疑われる症状を自覚した場合には、速やかに病院を受診するようおすすめします。

原因

梅毒トレポネーマという細菌に感染することで梅毒を発症します。

感染経路は主に性的接触です。梅毒の病変部位に皮膚や粘膜が直接触れることで、梅毒トレポネーマに感染することがあります。具体的には、性器と性器の接触、オーラルセックス、アナルセックスなどによる梅毒への感染例が多く見られます。

また、梅毒に感染した妊婦から生まれた子供には、先天梅毒(生まれつき梅毒に感染した状態)が見られることもあります。

症状

感染後、約3週間の潜伏期間を経て、性器や肛門、唇などに小さなできものが出現します(約1か月で消滅)。

感染から3か月以降になると、手のひらや足の裏などに赤い発心が現れます(半年以内に消滅)。

感染から3年以降になると、全身に皮膚や筋肉にゴムのような腫瘍が発生します。

感染から10年以降になると、脳や心臓に病変が生じ、命に関わることもあります。

一般的な治療法

ペニシリンという抗菌薬で治療します。

ペニシリンの投与後、24時間以内に頭痛や発熱が生じることもありますが、これらは梅毒トレポネーマを破壊する過程の反応で、1日ほどで治まります。反応が強い場合には対症療法を併用することもあります。

ペニシリンアレルギーのある方には、別の抗生剤を用いて治療を進めることになります。

外陰がん

外陰がんとは、膣の開口部の周辺に生じるがんです。皮膚がんの一種で、しこり、かゆみ、ただれなどの症状として現れます。

診断時の患者の平均年齢は約70歳。多くの場合は閉経後の女性に見られます。手術による切除が治療の第一選択となります。

原因

外陰がんの主な要因は、高齢であること、硬化性苔癬、ヒトパピローマウイルスへの感染、子宮頸がん、膣がん、大量の喫煙、慢性肉芽症(免疫系統の遺伝性疾患)などです。

なお外陰がんに限らず、すべてのがんの直接的な原因は遺伝子の損傷です。そのため、外陰がんが他人に感染することはありません。

症状

しこり、平らなただれ、平らなうろこ状の病変、変色、ひきつれ、しわ、かゆみ、黒色や茶色の盛り上がりなどが見られることがあります。また、しこりやただれの部分からの出血、水っぽいサラサラとしたおりものが出ることもあります。

放置した場合、リンパから膀胱・膣の上部、直腸、肝臓、脳などへ転移するなどし、命に関わることもあります。

一般的な治療法

他のがんと同様に、手術による切除が基本的な治療法となります。外陰部の一部または全部、および近くにあるリンパ節も切除するのが通常です。

進行状態によっては、手術に加えて放射線療法や化学療法(抗がん剤治療)が行われる場合もあります。切除後は、外陰部やその他の部位の再建手術も可能です。

なお、極めて進行した外陰がんの場合には、骨盤内臓器(生殖器、膣、子宮、卵管、卵巣、膀胱、尿道、直腸、肛門など)の切除が行われることもあります。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは、性器周辺を中心に先のとがったトサカのようなイボがたくさん生じる感染症です。やがてイボはつながり、大きな病変となります。

主な感染経路は性的接触で、男女ともに感染するリスクがあります。女性が感染した場合は不妊原因となることもあるので、速やかな治療が望まれます。

原因

尖圭コンジローマの原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)への感染です。

HPVにはいくつかの種類がありますが、尖圭コンジローマは6型と11型に分類されるHPVへの感染で発症します。

感染経路は、感染者との接触です。主に性的な接触により、小さな傷口などからHPVが侵入して繁殖し尖圭コンジローマとなります。

症状

主に、性器周辺や肛門周辺にイボが生じます。

発症当初は先がとがったトサカのようなピンク色のイボが複数生じ、放置するとイボの数が増えて大きくなっていきます。やがてイボ同士がくっつき、カリフラワーのような形になります。イボにかゆみや痛みはありません。

性器周辺や肛門周辺のほかにも、唇や口内に尖圭コンジローマが生じることもあります。

一般的な治療法

イボが生じた部分を電気メスやレーザーで焼却したり、液体窒素で凍結したりなど、主に外科治療で対処します。また、軟膏などの薬物治療が行われることもあります。

いずれの治療法であれ、原因ウイルスであるHPVを体内から完全に取り除くことはできません。常に再発リスクのある状態となります。

粉瘤・多発性陰唇粉瘤

粉瘤とは、皮膚の下に生じた袋状の構造物に垢や皮脂がたまった状態を言います。垢や皮脂は時間とともに増えていくため、粉瘤を放置した場合、そのサイズも徐々に大きくなっていきます。外陰部に多くの粉瘤が生じることもあり、この状態を多発性陰唇粉瘤と言います。

原因

粉瘤・多発性陰唇粉瘤の明確な原因は分かっていません。

ただし、粉瘤が生じるきっかけになるものとして、ホルモンバランスの影響による肌のターンオーバーの乱れ、外傷、打撲などが指摘されています。また、生まれつき粉瘤のある方もいます。

なお、粉瘤の一種となる外傷性表皮嚢腫はイボウイルスが原因であることが判明しています。

症状

ドーム型のしこりが生じます。大きさは数ミリから十数センチほどで、放置すれば徐々に大きくなっていきます。

女性の外陰部に多くの粉瘤が生じた状態を多発性陰唇粉瘤と言いますが、多発性陰唇粉瘤にはカルシウム塩が蓄積して石灰化が進むことから、白くて硬いしこりとなります。

一般的な治療法

くりぬき法、または摘出術により治療します。

くりぬき法とは、粉瘤の中心部を小さく切開し、特殊な器具で袋と内容物を取り出す手術です。傷口が小さいため、縫合は必要ありません。

比較的大きくなった粉瘤には、摘出術が用いられることもあります。摘出術とは、患部をメスで切開して袋と内容物を除去し、傷口を縫合する方法です。

なお、粉瘤の中に感染・炎症が見られる場合には、先に抗生剤により炎症を鎮静化させてから手術を行う場合があります。

陰部良性腫瘍

デリケートゾーンに現れる良性腫瘍を総称し、陰部良性腫瘍と言います。具体的には、脂肪種や繊維腫、筋腫などです。

悪性腫瘍(がん)とは異なるため、自覚症状がなければ治療も不要なことがあります。腫瘍が大きくなって生活面・心理面などでの支障が生じた場合には、患者本人の判断で治療を行うことになります。

原因

陰部良性腫瘍は陰部に生じる良性腫瘍の総称であり、原因は腫瘍の種類によって異なります。

例えば、先に挙げた尖圭コンジローマや多発性陰唇粉瘤も良性腫瘍の一種ですが、原因は説明した通りです。また、比較的多く見られる良性腫瘍の脂肪腫については、粉瘤と同様に明確な原因が分かっていません。

症状

尖圭コンジローマや多発性陰唇粉瘤の場合には、説明した通りの症状が現れます。ほかにも、デリケートゾーンには脂肪種や軟性線維腫などが生じることもありますが、いずれも、しこり・ふくらみ・イボなどの症状が現れます。陰部などに生じるホクロも良性腫瘍の一種です。

一般的な治療法

良性腫瘍のタイプによって治療法は異なるものの、基本的には外科的に腫瘍を摘出することとなります。腫瘍に炎症が併発していれば、事前に抗生剤で炎症を抑えてから摘出することもあります。

摘出手術には麻酔を使用しますが、腫瘍の大きさや種類によっては、局所麻酔ではなく全身麻酔を使用することもあります。

陰部のしこりで病院に行く目安はある?

陰部のしこりに強い痛みやかゆみがあったり、しこりが少しずつ大きくなってきたり、おりものが変化したりした場合などには、早めに医療機関を受診するようおすすめします。陰部のしこりには大きな病気が潜んでいることがあるため、放置せずに速やかに受診するようにしましょう。

受診する診療科は婦人科・産婦人科が適していますが、かかりつけの皮膚科があれば、そこでも構いません。

受診する際に医師へ伝える内容は、「いつからしこりを自覚したか」「痛み・かゆみなどの症状はあるか」「大きさは変化しているか」「しこり以外の症状があるか」などです。あらかじめ、しこりの状況を客観的に振り返って整理しておくと良いでしょう。

あわせて、パートナーが性感染症にかかった場合にはその旨、ご自身に性感染症の可能性ある(不特定多数との性行為など)場合にもその旨を、医師に正しく伝えましょう。

小陰唇(ビラビラ)のしこりから小陰唇縮小手術を受けた女性の体験談

小陰唇(ビラビラ)のしこりが気になるときの対処法は?

対処法1.感染しないように、清潔に保つ

シコリがない時もそうですが、外陰部を清潔に保つように心がけましょう。粉瘤やバルトリン嚢胞腺などの場合は、感染により痛みが伴う場合もあります。

対処法2.早めに医師の診断を受けましょう。

婦人科で、感染症の疑いや、ガンの疑いがないか診療してもらいましょう。

クリニックで受けられる治療法とは

小陰唇のしこりの治療は、症状により異なるものです。感染症や癌ではない場合は、小陰唇縮小術でしこり部分を切除できる場合もあります。まずは婦人科に行き、検査など診断を受けましょう。

1人で悩むより専門家に相談してみる

都内に1500院以上ある美容外科のなかで、女性器形成を専門に扱うクリニックは3院あります。そのなかでも当サイトでは、女性器形成を中心に10年以上実績のある医師が、無料メール相談やカウンセリング、施術、アフターフォローまで対応してくれる2院を厳選して紹介します。

小陰唇のようにデリケートな部分の相談をするのは心配が多いもの。少しでも恥ずかしさを和らげたい場合は、女性医師が対応してくれる、女性専用クリニックを選ぶのがおすすめです。

相談するならココがおすすめ
小陰唇の治療が受けられる評判のクリニック2選in東京

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する