【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 六本木で小陰唇縮小(婦人科形成)が受けられるクリニック

六本木で小陰唇縮小(婦人科形成)が受けられるクリニック

  

かつては外国人が多く集う街、大人の夜遊びの街として知られていた六本木。今でもそのような側面が残っていることは確かですが、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどが誕生して以来、街の様子はかなり明るく風通しの良い印象になってきたようですね。洗練された大人の街という空気が流れています。

ここでは、そんな六本木にある美容外科・形成外科の中から、小陰唇縮小(婦人科形成)を行っているクリニックを厳選してご紹介しています。他人には相談しにくい小陰唇の悩み(形、大きさ、バランスなど)をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ザ ナチュラルビューティクリニック 麻布十番 

麻布十番、銀座、大阪四ツ橋、奈良学園前に4院を展開しているザ ナチュラルビューティクリニック。医師を始め、看護師、カウンセラーなど、すべて女性スタッフのみが対応する女性専用の美容クリニックです。

女性が診る女性のための美容クリニックだからこそ、婦人科形成の症例はとても豊富。小陰唇の大きさにお悩みの方に対しては、メスを使った繊細な外科手術を提供しています。「小陰唇縮小術+ヒアルロン酸膣縮小」「小陰唇縮小術+膣引き締めレーザー2回」など、女性器関連の複合治療も割安料金で行っています。

ザ ナチュラルビューティクリニック 麻布十番の医師紹介

吉田 由佳先生

関西医科大学医学部卒業。京都大学形成外科学教室、同大学附属病院、大阪赤十字病院、済生会中津病院、長浜赤十字病院などの勤務を経て、2021年8月現在、ザ ナチュラルビューティクリニックの運営母体「医療法人敬愛会」の理事長、および同院の現役医師を務めています。

日本国内だけではなく、これまで韓国やシンガポールなどのアジア各国で幅広く活躍してきた吉田医師。解剖学的な視点から有益かつ低侵襲な美容医療を追求する姿勢は、形成外科医ならではです。現役のドクターとして自らが活躍するからわら、新人の美容系ドクターの育成にも熱心。

湘南美容クリニック 六本木院

2021年現在、日本国内を中心に計110を超える分院を展開している湘南美容クリニック。リーズナブルな料金、気軽に通える敷居の低さなどを背景に、開院以来、グループ全体で1000万件超の症例を蓄積。全国トップクラスの症例数を持つ美容クリニックグループとして、その勢いは止まりません。

小陰唇縮小術などの婦人科形成も、開院以来3万件を超える症例数。グループ全体に在籍する44名もの女性医師が、男性医師に相談しにくいお悩みを持つ女性患者に対し、親身になって相談に応じています。

湘南美容クリニック 六本木院の医師紹介

本間 重行先生

2009年、新潟大学医学部医卒業。東京都保健医療公社大久保病院、東京都立広尾病院、慶応義塾大学病院などの勤務を経て、2014年、湘南美容クリニックに入職。同クリニック池袋院院長などを歴任したのち、2021年より六本木院の院長に就任して現在に至ります。

二重術や顔の脂肪吸引が得意なドクターとして活躍中ですが、手先が器用で美的センスがあることから、基本的にはどんな施術でも患者満足度は上々。施術前のメリット・デメリットの説明も十分に行うなど、インフォームドコンセントも大切にするドクターです。日本美容外科学会認定専門医。

THE ONE.

THE ONE.は、テレビ出演などでもおなじみの美容外科医・上原恵理先生が2021年に開院したクリニック。「患者一人ひとりにとっての最良の施術」と真剣に向き合い、在籍する4名の医師が、それぞれの専門に応じた高度な美容医療を提供しています。

美容に関するお悩みであれば、部位やお悩みの内容を問わず、基本的にはどんなことにでも対応しているTHE ONE.。院長が女性ということもあり、小陰唇縮小を含めた女性器形成術にも積極的に対応しています。広告費削減などの企業努力による良心的な価格設定も特徴。

THE ONE.の医師紹介

上原恵理先生

2006年、群馬大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院、帝京大学医学部付属病院、某美容外科などの勤務を経て、2020年、THE SKIN CLINIC神楽坂開院。翌2021年には虎ノ門にTHE ONE.を開院し、院長に就任して現在に至ります。

もともとは豊胸や乳房再建など「バストの名医」として知名度を上げた上原先生。形成外科医としてメスを使う手術を得意とすることから、小陰唇縮小などの婦人科形成術も数多くこなしてきました。テレビや雑誌などのメディアによく登場する美容外科医として、おなじみの先生ですね。

聖心美容クリニック 東京院

東京、札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡など全国に計9院を展開している聖心美容クリニック。最新のマシン、最新の設備、経験豊富なドクターの採用など、開院以来、一貫して質の高い美容医療にこだわるクリニックです。

小陰唇縮小手術については、不自然にはみ出している部分や左右の形の差を丁寧なメスさばきで調整。仕上がりに違和感がない範囲で、黒ずみが気になる部分の切除も同時に行うことができます。希望すれば女性医師が対応することも可能。

聖心美容クリニック 東京院の医師紹介

川守田 詩乃先生

2014年、昭和大学医学部卒業。千葉大学医学部附属病院、同大学形成外科、聖隷佐倉市民病院、某美容クリニックなどの勤務を経て、2019年、聖心美容クリニックに入職。以後、同クリニックに常駐する女性ドクターの一人として、東京院・横浜院で多くの患者のお悩みに対応しています。

「初めて美容外科を利用する方は、多くの不安を抱えているもの」と語る川守田医師。まずは不安の整理だけのために、クリニックで相談して欲しいとのこと。日本美容外科学会、日本美容外科医師会の両学会に所属するなど、臨床のみならず研究活動にも熱心。

新宿ラクル美容外科クリニック 六本木院

2012年、現院長を務める山本厚志ドクターが開院した新宿ラクル美容外科クリニック。六本木と新宿に2院を構え、顔や体、肌などの美容に関する幅広いお悩みに対応しています。

形成外科をベースに置いた美容クリニックなので、小陰唇縮小を含めた婦人科形成術も得意分野の一つ。小陰唇縮小手術においては、局所麻酔の他にも静脈麻酔(半分眠ったような状態になる麻酔)を併用しているので、手術中の不安はほとんど感じません。術後2~3日が腫れのピーク。1週間程度で状態は落ち着き、1ヶ月程度で性交渉が可能となります。料金(税込)は、両側が217,800円、片側が129,800円。

新宿ラクル美容外科クリニック 六本木院の医師紹介

山本 厚志先生

2004年、鳥取大学医学部卒業。湘南鎌倉総合病院、東京大学医学部形成外科・美容外科、某大手美容外科などの勤務を経て、2012年、新宿ラクル美容外科クリニックを開院。同院院長に就任して現在に至ります。

「必要最小限の処置で気持ちが前向きになれるなら、それは素晴らしいこと」と語る山本院長。メスを使った手術が得意な形成外科医でありながら、身体への侵襲を最小限に抑えたクオリティの高い治療を提供しています。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する