【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇のお悩み症状別に原因をリサーチ » 小陰唇から膿が出る原因とは?

小陰唇から膿が出る原因とは?

  

誰しもが経験したことのある膿ですが、小陰唇から膿が出てしまうと、ただ事ではありません。なぜならば、場所が場所なだけに、他人に相談しにくいからです。

ここでは、小陰唇から膿が出てしまう原因、小陰唇から膿が出たときの対処法、クリニックでの主な治療法について詳しく解説します。速やかにクリニックを受診する、というのが結論です。

小陰唇(ビラビラ)から膿が出る原因とは?

小陰唇から膿が出る主な原因は、「バルトリン腺膿瘍」と「毛嚢炎(もうのうえん)」です。それぞれ詳しく見てみましょう。

なお、膿と似たような症状として、小陰唇に水泡(水ぶくれ)が現れることがあります。主な原因は接触性皮膚炎や性器ヘルペスなどです。部分的に重症化することがあるため、症状を自覚した場合には、速やかにクリニックを受診することをおすすめします。

小陰唇から膿が出たときの対処法は?

もし小陰唇の膿の原因がバルトリン腺膿瘍だった場合、膿が出ることで大きな腫れが鎮まるため、一時的には治癒したような状態になります。ところが、そのまま放置すると、細菌がふたたび繁殖し症状が再発しかねません。

実際にバルトリン腺膿瘍は、再発が多い症状として知られています。膿が出て腫れが鎮まったから治ったと判断するのではなく、再発を予防するために、クリニックで専門的な治療を受けることが必須です。

そうとは言え、深夜に腫れが切れてしまい膿が出てしまったり、仕事中に膿が出てしまったりなど、すぐにはクリニックを受診できないケースがあるかもしれません。

そのような時には、クリニックに行くまでの応急処置として、次のような対処をしておきましょう。

これらの対処法は、あくまでもクリニックを受診するまでの応急処置です。可能な限り早めにクリニックへ行くようにしましょう。

クリニックで受けられる治療法とは

膿の原因がバルトリン腺膿瘍だった場合、クリニックでは次のような方法で治療を行います。

まとめ

小陰唇から膿が出る主な原因、小陰唇から膿た出たときの対処法、クリニックでの治療法などについて詳しく解説しました。

膿が出ること自体は珍しいことではありませんが、膿が出た場所が小陰唇となると、なかなか他人には相談しにくいもの。膿の原因は細菌の繁殖である以上、たとえ一時的に症状が治まったとしても、残っている細菌が繁殖して再発する可能性があります。

小陰唇の膿は、自分では対処のしようがない症状です。膿が出てしまった場合には、症状が悪化したり再発が続いたりすることのないよう、早めに専門クリニックを受診することをおすすめします。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する