【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 小陰唇縮小で失敗するとどうなる?他院修正はできる?

小陰唇縮小で失敗するとどうなる?他院修正はできる?

  

婦人科形成手術が多く行われるようになってきた昨今、手術数の増加に伴って術後のトラブルも増加しています。特に女性器は神経や筋肉が複雑に絡み合った部位。術後のトラブルを未然に防ぐためにも、小陰唇縮小術を受ける際には、女性器の解剖について熟知した医師による診断が行われるべきであるといえます。

そこでこのページでは、失敗事例と対処方法、そして小陰唇縮小術が失敗した場合に修正できるクリニックについてご紹介しています。

小陰唇縮小の失敗事例

小陰唇縮小術を受けた際の失敗事例と対処法について紹介します。現在、何らかの術後の悩みを抱えている人や、これから手術を受けようと考えている人はぜひ下記の内容を参考にしてみてください。

手術後も左右差が残ってしまった

両側の小陰唇縮小術を受けて1週間ほどですが、時間が経過するにつれて左右の形の差が気になってきました。もともと右のほうが大きいのが悩みだったのですが、切除した所が右だけ三角のような形になってしまい、大きく目立っているように思えます。

痛みや出血はありませんが、一生このままの形なのかと思うと不安でたまりません。(30代)

対処法

術後1週間であれば、まだ腫れが引いていない状態と考えられます。腫れが引くまでに1〜2ヶ月程度かかる場合もありますので、現時点で再手術を考えるにはまだ早い時期であるといえます。

まずは腫れが引くのを待ち、それでも気になるようであれば再手術を検討すると良いでしょう。ただし、ほかにも心配事があるようであれば主治医に相談してみることをおすすめします。

形がいびつになってしまった

小陰唇の左右差があり、肥大が気になっていた片側だけの切除を受けました。現在は手術から2ヶ月半経過していますが、手術を受けた部分が切り取りすぎだったように感じています。

また、切断面がぼこぼこしていたり、クリトリスの下にぷくっとしたものがあるように見えたり、いびつな形に仕上がっているように思えます。(20代)

対処法

手術から2ヶ月半経過しているのであれば、半年程度待っても左右差や形のいびつさが残る可能性が高いと考えられます。この場合、対処法としては再手術が挙げられます。

ただし小陰唇の軟部組織切除の過多などによっても術後のサイズが異なってきますので、実は片方だけの手術で左右差を整えるのは非常に難しいといえます。そのため余裕があれば両側の手術を行うほうが左右差は整えやすいでしょう。

手術後に痛くて歩けなくなってしまった

5日前に小陰唇縮小術を受けたのですが、手術時の局部麻酔が切れた後から痛みを感じています。特に当日から術後2日目までは、手術をした部分のことしか考えられないほどの激痛。3日後から多少おさまってきたものの、ショーツを履くと内出血や縫合した部分の結び目が当たって激痛を感じます。

一般的にここまでの激痛を感じるものなのでしょうか。(30代)

対処法

3日後から徐々に痛みが引いてきているということなので、痛み止めを使いながら痛みがおさまるのを待つほかないかもしれません。痛みを全体的に感じ、限局的ではないということであれば、血腫ができているわけではないでしょう。

引き続き痛み止めを服用して様子を見つつ、どうしても痛みが収まらないのであれば、施術を受けたクリニックに相談してみることをおすすめします。

小陰唇縮小術後の臭いが残った

小陰唇縮小術と陰核包茎の手術を同時に受けました。1ヶ月ほど経過した所ですが、術前は気にならなかったオリモノの臭いがきつくなったように感じ、洋服を着ていてもとても気になります。さらに、手術前のオリモノの臭いとは全く違い、ゴムっぽいような臭いがします。

手術後にオリモノの臭いがきつくなったり、臭いが変わったりすることはありますか?(20代)

対処法

手術そのものが原因でオリモノの臭いが変わったりきつくなるということは考えにくいです。ただ、手術の際に使用した吸収糸がまだ残っていて、そこに雑菌が付着することで臭いが発生している可能性があります。

また、術後の精神的・肉体的ストレスが原因で膣内常在菌叢が乱れ、細菌性膣症を起こしているということも考えられます。時間の経過とともに自力で軽快する場合もありますが、臭いが気になるようであればクリニックを受診しましょう。

小陰唇縮小の他院修正ができる東京のクリニック

小陰唇縮小術のトラブルを防ぐためには、豊富な知識を持ち、信頼できる医師が在籍するクリニックを選ぶことが大切であるといえるでしょう。そこで、東京で女性器形成に関する豊富な知識を持った医師による診察・手術が受けられるクリニックを5院ご紹介しますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

みどり美容クリニック・広尾

女性特有の悩みを解決したいという強い想いから、女性器形成を専門としているクリニック。幅広い知識を持つ院長がカウンセリングから施術・アフターケアまで一貫して対応してくれます。

また、ドクターをはじめとするスタッフは全員が女性。男性は同伴もNGとなっているため、院内で顔を合わせることもなく安心して足を運べます。

みどり美容クリニックのキャプチャ
引用元:みどり美容クリニック
(https://midocli-ladys.com/)

みどり美容クリニック・広尾の小陰唇縮小

みどり美容クリニックでは、メスを使った切開手術と、レーザーを使用する小陰唇縮小、計2種類の小陰唇縮小治療を用意しています。

切開手術は従来のメスを使って小陰唇を切除する手術方法。レーザーを使用する小陰唇縮小の場合、出血や痛みが少なくダウンタイムも短いのがポイントです。それぞれの治療費は、切開手術が25万円、レーザー治療が35万円となっています。

女性器形成専門クリニックならではの確かな手技を強みとしており、他院修正も得意。また、女性院長のみどり先生が対応してくれるので、女性器の見た目に悩んでいる女性はもちろん、他院で施術を受けて、その仕上がりに納得できず悩んでいる女性の気持ちにも親身に寄り添ってくれます。

みどり美容クリニック・広尾のドクター:滿行みどり医師

大手美容外科クリニックに勤務し、婦人科形成をはじめとする多くの症例に携わってきたドクター。「美容婦人科」と呼ばれる治療を日本で初めて取り入れ、時代に合わせた新しい施術やマシンを導入することで、デリケートゾーンのお悩みに応え続けてきました。

現在も美容婦人科や女性器形成治療の啓蒙活動を行い、ひとりひとりに最適な治療を提供できるよう、努力を続けています。

クリニック基本情報

みどり美容クリニック・広尾の
公式サイトを見る

電話で相談してみる

なおえビューティークリニック

2011年に開院した、女性専用クリニック。足を運ぶ女性に対し、「女性であることの幸せ」を提供したいと考え、多くの女性の悩みを解決してきました。婦人科系の美容手術において日本有数の症例数を誇る院長をはじめ、スタッフは全て女性。待合室も個室になっているなど、プライバシーに徹底的に配慮されておいるクリニックです。

なおえビューティークリニックのキャプチャ
引用元:なおえビューティークリニック公式サイト
(https://www.naoe-clinic.net/)

なおえビューティークリニックの小陰唇縮小

なおえビューティークリニックでは、「左右差が気になる」「形がいびつ…」といった小陰唇縮小後の悩み・他院修正を受け付けています。

従来のメスを使った小陰唇縮小手術(小陰唇肥大・整形手術)を採用しており、メスで表面を切開・切除した後にラジオナイフを使用するため、傷や出血を最小限に抑えることが可能。また、柔らかく肌に優しい溶ける糸を使っており、抜糸の必要はありません。

手術時間は片側でおおよそ20~30分、両側で40~60分程度。丁寧で美しい仕上がりを重視しているので、他院での手術と比べて時間はやや長めです。

なおえビューティークリニックのドクター:喜田直江医師

婦人科形成の専門家医の資格を持っているドクター。これまで婦人科形成については10年以上の経験・5,000件以上の施術を行ってきました。喜田医師は、もともと婦人科医としての経験を持ち、女性器についての知識も豊富です。さらに形成外科での経験も積んでいることから、非常に高精度な婦人科形成手術を提供しています。

クリニック基本情報

なおえビューティークリニックの
公式サイトを見る

電話で相談してみる

吉祥寺ビューティークリニック

吉祥寺駅より徒歩5分の場所にある、美容形成外科や美容皮膚科を得意とするクリニック。様々な悩みを抱えた患者さんに少しでも安心してもらえるよう、丁寧なカウンセリングと分かりやすい料金体系を心掛けています。

また、1万例以上の症例を経験した医師がカウンセリングから施術までの全てに携わるため、患者さんの要望をしっかりと仕上がりに反映できるのも吉祥寺ビューティークリニックの特徴です。

吉祥寺ビューティークリニックのキャプチャ
引用元:吉祥寺ビューティークリニック
https://beautyclinic.jp/

吉祥寺ビューティークリニックの小陰唇縮小

通常よりも肥大している小陰唇をメスを使って切除し、形を整えてから縫合する小陰唇縮小手術を手掛けているクリニックです。他院で小陰唇縮小を受けたあとの傷あとが気になっている方に向けた他院修正も受け付けており、「気軽に相談してほしい」と明言しています。

費用は片側の場合9万円、両側の場合は18万円です。他院修正でも費用設定は変わりません。

吉祥寺ビューティークリニックで使用している糸は溶けないタイプのため、手術から1週間後に抜糸を行います。

吉祥寺ビューティークリニックのドクター:角谷正樹医師

形成外科認定専門医の資格を持つドクターで、大手美容外科クリニックにて理事長を務めた経験もあります。また、国内外美容外科学会にて研究発表を行ったり、TVやマスコミへ出演するなど、美容医療に関する情報を発信しているドクターです。

これまでに執刀した症例は15万例を突破しており、高い技術が必要となる他院修正も数多く手掛けています。特に、ほうれい線手術やヒアルロン酸注入手術で高い評判を得ているでしょう。

吉祥寺ビューティークリニックの基本情報

吉祥寺ビューティークリニックの
公式サイトを見る

東京美容外科

美容外科医師として10年を超える手術経験を持つ医師や、形成外科学会より認定を受けた医師だけがメスを握ることを許されているクリニック。研修医を終えたばかりのアルバイト医師や他院からのアルバイト医師がメスを握ることはないため、安心して治療を任せることが可能です。

また、患者さんの悩みに対して治療内容の具体的な説明や仕上がりイメージ、費用や術後のリスクなど、納得のいくまでカウンセリングを行ってくれます。

東京美容外科公式サイト
引用元:東京美容外科
(https://www.tkc110.jp/)

東京美容外科の小陰唇縮小

東京美容外科では、大きさや形などを患者さんの要望に合わせて自然な形に仕上げる小陰唇縮小手術を行っています。縫合には専用の溶ける糸を使っているため、抜糸の必要はありません。

手術にかかる費用は片側18万円ですが、他院修正の場合は料金が20%アップになるので要注意。20%アップ後の金額は21万6,000円となります。その他にも初診料や局所麻酔料などが発生するため、あらかじめトータルの費用を確認しておくと良いでしょう。

東京美容外科のドクター:麻生泰医師

東京美容外科にて院長を務める麻生先生は、美容外科医として14年以上活躍しており、美容先進国である韓国やアメリカへ出向き、積極的に新しい技術を習得しているドクターです。常に技術の向上に努めており、最新美容医療を広く発信するために書籍を出版したり、医師へ向けた講習会なども開催しています。

二重整形や鼻形成をはじめとした美容外科・形成外科全般を得意としており、高度な技術が必要となる他院修正の実績も豊富です。

東京美容外科の基本情報

東京美容外科の
公式サイトを見る

酒井形成外科

美威容外科や美容皮膚科、形成外科をメインに、皮膚科、泌尿器科、婦人科など幅広い診療メニューを扱っているクリニック。時間をかけて患者さんの悩みと向き合うことをモットーとしており、親切・丁寧なカウンセリングはもちろん、メリットだけでなくデメリットも伝えるインフォームドコンセントを徹底しています。

月曜~土曜は午後8時まで、日曜・祝日も診療を受け付けているため、仕事や家事などで忙しい人でも安心です。

酒井形成外科のキャプチャ
引用元:酒井形成外科公式サイト
(https://www.sakai-keisei.gr.jp/)

酒井形成外科の小陰唇縮小

「他院で小陰唇縮小を受けたけど、バランスが悪い」「傷あとが目立つ」といった他院修正も受け付けている酒井形成外科。形成外科ならではの確かな縫合技術を駆使して、自然な仕上がりを目指しています。中縫合には2~3か月程度で溶ける糸を使用し、外縫合には極細のモノフィラメントナイロン糸を使用するため、外縫合の糸のみ抜糸が必要です。

術後に左右差が現れないよう麻酔前にデザインを施し、裏表の距離が等しくなるようデザインに気を付けながら小陰唇を切除しています。特別な要望がない限り、自然なハート型やアップル型になるように仕上げているそうです。

酒井形成外科のドクター:酒井倫明医師

酒井形成外科の院長である酒井医師は、豊富な知識と高い技術を持つ医師に与えられる日本形成外科学会認定医の資格を有しています。また、日本形成外科学会 領域指導医や美容外科分野指導医などの資格も有しており、日本臨床形成美容外科医会に所属しているドクターです。

切開手術に関しては、肉眼のみならず顕微鏡を用いて丁寧・正確な縫合を実施。また、安全面に不安を抱える患者さんには、機能性・安全性の高い施術を提案しています。

酒井形成外科の基本情報

酒井形成外科の
公式サイトを見る

失敗しないためのクリニック選び方・7つのポイント

初めて小陰唇縮小手術を受ける人は、「クリニックの選び方が分からない…」という不安を抱えているかもしれません。ここからは、失敗しないためのクリニックの選び方・ポイントを紹介します。

婦人科形成専門のクリニックがベスト

どんな治療にも言えることですが、専門領域を極めているクリニックほど実績も豊富です。小陰唇縮小手術は婦人科形成という診療科目に含まれるため、婦人科形成を専門に扱うクリニックを選ぶと良いでしょう。

婦人科形成を専門としたクリニックであれば、数種類の小陰唇縮小治療を用意しているでしょう。選択の幅が広がるため、自分に合った治療法が見つかります。

女性医師が在籍しているクリニックがおすすめ

「女性ならではのデリケートな悩みは男性に話しにくい…」と思っている人も少なくありません。たしかに、同じ女性の方がデリケートな部分の悩みに寄り添いやすいですし、より良い治療法やアドバイスをくれる可能性が高いです。

また、上手く悩みを言葉にできず、理想のイメージと実際の仕上がりがずれてしまう…というケースも考えられます。「異性だと上手く話せなさそう…」という場合は、女性医師の在籍するクリニックを選んでみてください。もちろん、豊富な実績を持っている男性の医師もいるため、割り切れる人は他のポイントに注意してクリニックを選ぶと良いでしょう。

医師の経歴・実績もチェック

高い技術を有する医師かどうかをチェックするためには、その医師の経歴を確認するのがベストです。最近では、公式HPに医師の経歴を掲載しているケースがお良いため、比較的簡単に知識や技術の程度を知ることができます。

特に、小陰唇縮小手術を受けようと考えている人は、「婦人科形成に関する経験が豊富かどうか」を確認してください。婦人科形成手術の経験が豊富であれば、信頼できる医師である可能性が高いです。

医師がカウンセリングを行ってくれるところが安心

クリニックによっては、カウンセラーがカウンセリングを担当することがあります。カウンセラーは悩みに寄り添う能力は高いものの、具体的な治療法や女性器についての知識が不十分であることが多いです。また、カウンセリングと手術を担当する人が違う場合、思ったような仕上がりにならないなどのデメリットが存在します。

一方で、カウンセリングから治療までを一貫して医師が担当しているクリニックなら、治療内容やメリット・デメリット、リスクや副作用などを詳しく聞くことができます。

施術価格は適正?安さだけで選ぶのはNG

「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安さだけを重視してクリニックを選ぶと、治療の質が低く思ったような仕上がりにならないケースがあります。特に、小陰唇縮小は自由診療のためクリニックごとに費用が異なりますから、安すぎるクリニックには注意が必要です。

なかには、アフターケアが料金に含まれていないために安くなっているケースもあるため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

小陰唇縮小で失敗して
他院修正した人の体験談・事例

「“安い”だけで選んでしまって後悔…」

他のクリニックと比べると小陰唇縮小が安く受けられる…と金額だけでクリニックを選び、失敗しました。施術から1か月以上経ちましたが、傷あとがデコボコしていて、縫ったところの違和感もなくなりません。こんな状態で男性と付き合うとか、まったく考えられない…とずっと暗い気持ちです。

修正手術は安さで選んだクリニックではなく、きちんと女性器専門で実績があるクリニックを選びました。最初からそうしておけば…という後悔はなくなりません。

クリニックによってこんなに仕上がりが違うんだとびっくり!

数年前に小陰唇縮小を受けましたが、サイズがあまり変わらず、受けた意味があるか分からないほどでした。やり直しを希望して他院でカウンセリングを受けたところ、色素沈着が残っており、左右差もある…とのことで、もう一度切除することに。

術後はアソコから小陰唇がはみ出さなくなりましたし、左右の大きさもほぼ同じになりました。あと、黒ずんでいたところがなくなって、全体的にキレイになったのがうれしいです。前回受けたときは小陰唇の形がガクガクになっていましたが、今回はそんなこともなくて、先生の腕でこんなにも違うんだなと感じました。

「他院修正を決心して良かったです!」

小陰唇縮小の他院修正を受けて、気になっていたビラビラの大きさが普通ぐらいのサイズになりました。縫合の傷あともほとんど目立ちません。

前回、とある美容外科で手術を受けたときは、まだはみ出るぐらい大きいのに、「もう一度手術してほしい」と言っても「これ以上は難しい」と断られてしまい、しかも縫合した箇所の傷あとも目立ってすごくショックでしたが、再手術ができて本当によかったです。

「手術の跡が目立って、余計にコンプレックスになっていました」

小陰唇の大きさが左右で違っていて、左側が大きいのが気になって、3年ぐらい前に小陰唇縮小を受けました。ただ、自分ではあまり変化が感じられず、傷跡も目立って、まるで芋虫みたいに気持ち悪くて、余計にコンプレックスになりました。

キレイにしてもらいたくて、前回と違うクリニックに相談に行ったところ、医師から見てもやっぱり左右差があり、傷跡も目立つとのことで再手術を受けました。おかげで、自然ですっきりとした見た目になり、先生にはとても感謝しています。再手術を決意して本当によかったです。

「小陰唇を切られ過ぎてしまった」

とあるクリニックで小陰唇縮小を受けましたが、仕上がりがまったく良くないうえに、切られ過ぎたのか小陰唇がなくなってしまいました。修正は他院で受けたいと思って相談に行きましたが、切られ過ぎた小陰唇はもうどうにもならないだろう…と思ってました。

でも、小陰唇の再形成という治療を受けて、なくなっていた部分が元通りになり、すごくすごくうれしかったです。見た目もキレイで、諦めなくてよかったと心から思いました。不安や心配がありすぎて細かい質問もいっぱいしちゃいましたが、先生が優しく対応してくれたのもよかったです。

「3回目の手術でやっと…!」

他院修正を2回、合計3回の手術を受けました。1回目の小陰唇縮小では医師とうまくコミュニケーションがとれず、術後「形が変…」と思いつつも医師に相談できませんでした。2回目に行ったクリニックでは、話は丁寧に聞いてくれましたし、施術も時間をかけて丁寧にやってくれたと思いますが、仕上がりがいびつでした。術後何度か相談に行っても、「気にしすぎ」と言われて、取り合ってもらえず…。本当に気にしすぎなのかもしれないと思いましたが、デリケートゾーンの脱毛に行った際にスタッフさんから「なにかの手術をされましたか?」と聞かれて、やっぱり傷あとが目立つんだ…と思い、3度目のやり直しを決めました。

結果的に、他院修正をもう一度決意して本当によかったです。前回、前々回手のときと比べて術後の痛みはまったくなく、見た目もキレイになりました。不安と泣きそうな気持ちでいっぱいでしたが、先生が「大丈夫ですよ」「絶対にキレイになりますからね」と優しく励ましてくださったことが忘れられません。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する