【小陰唇Labo】口コミもわかる東京の小陰唇縮小クリニックNavi

小陰唇縮小術で評判のクリニックBEST5 » 【女性器とSEX】みんなのお悩みコラム » 膣ナラ(ちなら)原因と解決策は?

膣ナラ(ちなら)原因と解決策は?

  

運動中や性行為中に起こる、「膣ナラ」。おならのように我慢することもできないため、気まずい気分になった女性もいると思います。

こちらでは、膣ナラが起こる原因と解決策についてお伝えします。

膣ナラ(ちなら)とは

膣ナラ(ちなら)とは、膣に入った空気が漏れ出るときの音を指します。おならは腸内に発生したガスが排出されるために起こりますが、膣ナラは膣に入った空気が漏れ出ているだけで、臭いもありません。パートナーに「膣の締まりが悪んじゃないの」なんて言われて傷ついた…という女性もいるのが正直なところ。ですが、膣ナラはお互いに感度が高まっている証拠でもあるんです!

膣ナラ(ちなら)の原因

とは言っても、膣ナラが出るのは恥ずかしいですよね。膣に空気が入ってしまう原因として、このようなことが考えられます。

男性の動きが早い

性行為中の膣ナラの原因として多いのは、男性の動きが早いこと。ピストン運動が早いと、膣に入る空気の量は多くなってしまいます。ピストン運動が早いということは、男性は気持ちいいタイミングなのでは?と、女性としては思ってしまいますね。

空気が入りやすい姿勢

膣に空気が入りやすい姿勢があるんです。しゃがんだ姿勢を取ったり重い荷物を持ったり、腹筋をしているときは腹圧がかかっています。そのとき、膣に空気が入ってしまい、姿勢を戻しているときに膣ナラが出てしまうのです。

性行為中に膣に空気が入りやすくなる体位は、後背位や足を上げた体位といわれています。

密着度や感度が高い

性行為中の膣ナラは、密着度が高いことも理由に。お互いに感度が増してくることでペニスは勃起・充血し、膣は濡れて充血し収縮を繰り返します。そこにピストン運動が加わることで、空気は入ってしまうけれど漏れにくい状態ができあがってしまいます。すると、体位を変えるタイミングなどで膣ナラが出てしまうのです。

膣ナラ(ちなら)を防ぐには?

空気が入ってしまったら上手く抜く

膣ナラの原因は、膣に空気が入ってしまうことだと説明してきました。ちなみに、膣内に空気が溜まれば溜まるほど大きな音が出てしまいます。そのため、できるだけ大きな音が出ないように、バレないように上手く抜いてあげるのがまず1つ目の解決方法です。

例えばこまめに下腹部に力を入れることで空気が抜けることがありますし、さりげなく体勢を変えてみるのもおすすめ。全ての空気を抜くことは難しいかもしれませんが、空気を減らしておけば音も小さくなりますのでパートナーにバレにくくなるでしょう。

また、膣ナラに悩んでいる方は、膣トレを行って骨盤底筋を鍛えてみるのもおすすめ。筋肉が鍛えられると、膣に力を入れる感覚をつかめるため圧をかけやすくなります。また、膣の締まりが良くなるというメリットもあります。

音が出やすくなる体位を避ける

実は、膣に空気が入りやすくなる体位があることをご存知でしょうか。例えばバックや正常位だと空気が入りやすくなるといわれています。例えば、バックはお尻を突き出す体勢になることで空気が入り込みやすくなりますし、正常位の場合は足を大きく広げたり、足を持ち上げることで空気が入りやすくなります。

このことから、膣ナラを防ぐためには体位を工夫してみることが有効。しかし、これはパートナーの協力なしでは難しいことであるともいえます。そのため、一度「音が出てしまうのが恥ずかしいから、空気が入りやすい体位は避けたい」ということを伝えてみることをおすすめします。もしかすると、音が出ることを全く気にしていないかもしれませんし、大切なパートナーが気にしていることがわかれば、協力してくれるのではないでしょうか。

速い動きを避けてもらう

また、膣ナラが出てしまうのには、男性の動きが速いことも関連していると説明しました。そのため、ゆっくり出し入れしてもらうのも一つの方法です。また、浅く・深くを繰り返すような動き方も膣に空気が入りやすいとされています。まさに膣に空気を送り込んでいるような状態ともいえるでしょう。

どうしても流れで動きが早くなってしまうということもあるかもしれませんが、一度「もう少しゆっくり動いて欲しい」と伝えてみると良いのではないでしょうか。

ここまで、膣ナラを予防する方法をご紹介してきました。さまざまな方法がありますが、どうしても無理なこともあるかもしれません。そこで、次の項目からは膣ナラが出てしまった時の上手な対処法をご紹介しています。

予防する方法と対処法を知っておくことで、これまでのように不安な気持ちを抱えることも少なくなるのではないでしょうか。

膣ナラが出てしまったときの上手な対処法

世の中の女性は膣ナラが出てしまったとき、どのように対処しているんでしょう?

調べてみると、男性は意外と膣ナラを気にしていないことがわかりました!そのうえで、性行為中に膣ナラが出てしまったときの上手な対処法をお伝えします。

感じていることを伝える

女性の感度が高まって膣が濡れて、充血や収縮を繰り返す状態は、膣ナラが出やすい状態です。ここは正直に「気持ちがいい」ということを伝えてみてはどうでしょうか?また、男性のピストン運動が激しいと膣ナラは起きやすくなるので、「激しくするから」と伝えてみるのもいいかも。どちらも、男性は言われると嬉しくなるフレーズです。恥ずかしそうに言ってみましょう。

おならじゃないと伝える

膣ナラが出て恥ずかしいのを、そのまま伝えてみることもおススメ。調べてみると、膣ナラを気にする女性の姿を「かわいい」と感じたり、逆に「興奮する」という男性が多いんです!

そのうえで感じていることや密着度が高いことを伝えると、男性の満足度も上がるかも知れません。

まとめ

性行為中に起こる膣ナラは感度が増している証拠でもあるので、気にしないで欲しいというのが正直なところ。しかし、女性にとって膣ナラは気になります。気にしないでいる方が難しい!

日常生活で膣ナラに悩んでいる方は、婦人科や女性器にも対応している美容クリニックに相談してみるのも、ひとつの方法です。

女性医師が対応!小陰唇縮小でおすすめのクリニック5選

東京都内の女性器形成専門クリニック!
小陰唇縮小でおすすめの2選

みどり美容クリニック・広尾
みどり美容クリニック・広尾
日本初の女性器形成専門院
切らない小陰唇縮小にも対応
切らない施術 〇
担当医師 満行 みどり先生
小陰唇縮小施術数 4種類
みどり美容クリニック
公式サイト
みどり先生に
無料でメール相談する
なおえビューティークリニック
なおえューティークリニック
高周波メスのラジオナイフを使用した
形成外科医による縫合
切らない施術 なし
担当医師 喜田 直江先生
小陰唇縮小施術数 1種類
なおえビューティークリニック
公式サイト
なおえ先生に
無料でメール相談する